はるもぐらとめ劇場 占いの館

声の出演:はる 脚本・音響・映像:Tome館長 
はるさんが演じてくださった! http://haru123fu.exblog.jp/

BGM:H/MIX GALLERY 秋山裕和「いつかの大地へ(二胡演奏・中川えりか)」 http://www.hmix.net/
効果音:効果音ラボ http://soundeffect-lab.info/
 音人 http://on-jin.com/  

動画素材:NHKクリエイティブ・ライブラリー http://www.nhk.or.jp/archives/creative/

【 占いの館 】
https://poetome.exblog.jp/14841831/

占いの館
編集 | 削除

森の奥に古い館があった。

ひとりの老婆が住み、占いをするがゆえ 
「占いの館」などと呼ばれていた。

予言がことごとく的中するという評判で 
辺鄙な場所なのになかなか繁盛していた。

ある日、ある男がこの古い館を訪れた。
玄関の扉を叩いたが、返事はなかった。

男は諦めずに扉を叩き続けた。
古い扉が壊れてしまいそうだった。

しばらくして、扉の向こうで声がした。
「もう占いはやめたよ」

老婆の声であった。
扉を開けるつもりはなさそうだった。

「そんな。お願いしますよ」
「もう占いはやめたんじゃ」

「どうしてやめたんですか」
「わしの勝手じゃ」

「せっかく、ここまできたのに」
「諦めるんだね」

「でも、命にかかわることなんですよ」
「わしゃ知らん」

それでも男は扉を叩き続け、
とうとう玄関の扉が割れてしまった。

「なんてことをするんじゃ!」
扉の割れ目から老婆の怒った顔が見えた。

「す、すみません。弁償します」
立派な体格の男が小さくなって謝った。

「おや?」
老婆は男を見て驚いたようだった。

扉を開けると、まじまじと男の顔を見た。
「なんとまあ!」

「お婆さん、どうしました?」
「これはまた珍しい」

「私の顔がですか?」
「うん、そうじゃ」

「まさか、死相が出ているとか」
「いや。死相はない」

「本当ですか?」

「だから珍しいのじゃ」
「は?」

「立ち話は疲れるな」
老婆は男を館に入れた。

男が通されたのは飾り気のない小部屋。
どこにも怪しげな雰囲気はなかった。

男を長椅子に腰かけさせると 
老婆は向かい合って籐椅子に座った。

「わしは、もう占いをする気がなくなってな」
「なぜですか?」

「わし、もうすぐ死ぬからな」
男は返事に詰まった。

「わしだけじゃない。みんな死ぬ」

「ということは、つまり」
「そう。みんなに死相が出ておる」

ここを訪れる占いの客だけでなく 
会う人すべてに死相が出ているというのだ。

「だが、あんたには死相がない」
男は黙ったまま老婆を見つめていた。

「命にかかわるとか言っておったな」
「ええ」

「なにを占って欲しいんじゃ?」
「いえ、結構です。もうわかりましたから」

男は立ち上がった。
「お婆さん。ありがとうございました」

「あんた、旅に出るのかい?」
「わかりますか?」

「なんとなくね」

「とても遠いところなんです」
「そうだろうね」

「扉、壊してしまって、すみませんでした」
「いいよ。風が入ってきて涼しいから」

「おいくらでしょ?」
「代金はいらん。もう使う暇がなかろう」

男は老婆に頭を下げた。
「失礼いたしました」

背を向けた男に老婆が声をかけた。
「あんた、飛行機乗りかな?」

「ええ。まあ、そんなもんです」

「出発はいつだね?」
「明日です」

「そうか、明日かね」

男はもう一度頭を下げた。
「さようなら」

「ああ、達者でな」

男は館を出ると、森を抜け、駅へ急いだ。
すでに日は暮れ、一番星が輝いていた。

出発は明朝。あまり時間がなかった。

途中でタクシーを拾うことができた。
男は運転手に行き先を告げた。

「ちょっと遠いけど、ロケット発射場まで」

【 Hall of Fortune Telling 】

There was an old hall behind the forest.

Because an old woman lives and fortune tellers
it was called “Hall of Fortune Telling”.

It was a reputation that all the prophecies were doing good,
so although it was a remote place it was quite prosperous.

One day a guy visited this old hall.
He hit the entrance door, but there was no answer.

The man kept clapping the door without giving up.
The old door seemed to be broken.

A while later, a voice came across the door.
“I already quit fortune telling.”

It was the voice of an old woman.
She did not seem to intend to open the door.

“Sorry, I will do.”
“I have already stopped fortune telling.”

“Why did you quit?”
“My own way.”

“Even though I have come this far.”
“You must give up.”

“But, it is a matter of life and death to me.”
“I do not know.”

Still the man kept clapping the door
and finally broke the door of the front door.

“What do you do!”
He saw the angry face of an old woman from the crack in the door.

“I’m sorry, I will compensate you.”
The man of fine structure shrank the body and apologized.

“Oh?”
The old lady seemed surprised to see the man.

She opened the door and looked at the man ‘s face very well.
“How Oh!”

“Lady, what’s wrong?”
“This is also unusual.”

“Is my face?”
“Yeah, that’s right.”

“No way, the shadow of death is out?”
“No, not the shadow of death.”

“Really?”

“So it is unusual.”
“What?”

“It’s tiring to talk while standing.”
The old woman put the man in the pavilion.

The man was allowed to pass through in a small room.
There was no dubious atmosphere everywhere.

The man was sitting on a chaise longue,
the old woman sat face to face with a wicker chair.

“I do not feel like fortune-telling anymore.”
“Why?”

“Well, I will soon die.”
The man could not reply.

“It’s not just me, everyone die.”

“That means, that is …”
“Yes, everyone has the shadow of death.”

It is said that the shadow of death comes out
not only to the guests of fortune telling visiting here
but also to all who she meets.

“But you do not have the shadow of death.”
The man kept silent and stared at the old woman.

“You said that it is a matter of life and death to you.”
“Yes.”

“What do you want me to do fortune telling?”
“I’ve done it, so it’s fine, I already understood.”

The man stood up.
“Lady, thank you.”

“You go on a journey?”
“Do you understand?”

“Somehow.”

“It is a very far place.”
“I guess so.”

“I am sorry that the door was destroyed.”
“Okay, wind comes in and it’s cool.”

“How much is it?”
“I do not need the price, I will not have time to use it anymore.”

The man lowered his head to the old woman.
“Excuse me.”

The old woman spoke to the man who turned her back.
“You’re an airplane pilot?”

“Well, well, that’s it.”

“When is the departure?”
“It’s tomorrow.”

“Well, that’s tomorrow.”

The man lowered his head again.
“Goodbye.”

“Oh, good luck.”

The man left the hall, passed through the forest,
and hurried to the station.

The day was already late, the star was shining first.

Departure is tomorrow morning.
He did not have much time.

He was able to catch a taxi on the way.
The man told the driver the destination.

“It’s a bit far, but to the rocket launcher.”